家賃保証を利用

安定した賃料を確保するには家賃保障が最適です

不動産の有効活用として土地に賃貸物件を建築することがあります。投資として建築する場合もありますが、相続対策としても有効であって、貸家建付地として相続財産としての評価が下がりますので、賃貸物件の建築は増加しています。 そのような賃貸物件で大手の不動産会社に対するサブリースと呼ばれる家賃保証を利用するケースが増加しています。家賃保証をする不動産会社は、満室の場合の賃料から一定の比率を差し引いて家主に賃料を支払います。それが、不動産会社の収益になります。家主としては、賃料の一部を不動産会社に支払うことになりますが、入居率が下がった場合であっても、一定の賃料を確保できますので、安心して不動産経営ができる仕組みです。

銀行で融資を受ける際にも安定した賃料がポイントになります

賃貸物件の建築費を銀行から借入する場合には、銀行が家賃保証を融資の条件にすることも少なくありません。融資をする銀行としては、確実に返済ができるだけの賃料が確保されることが重要だからです。 また、家賃保証をする不動産会社についても大手の会社に限定して融資の条件にすることが一般的です。保証している会社は入居率が低下すると、受け取る賃料と家主に支払う賃料が逆鞘になって、収支がマイナスになる可能性もあります。それが家主にとっては安心材料なのですが、そのような事態になっても家主に賃料を支払える大手の不動産会社の家賃保証でなければ意味がないとする銀行もあるのです。 家賃保証は平成27からの相続税増税による相続対策の増加で、今後も需要が高まると予想されています。